読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビグルモワ

すべて物語にしてしまいたい

12月の短歌--大晦日短歌祭反省会

soulkitchen.hatenablog.com

 

イェーイ! 短歌! イェーイ!

区切りでいえばもう去年だから今さらって感じなのだけどふりかえります。帰省の移動中、隣席に人もおらずわりに快適だったので粛粛とつくってました。それまでにイメージがあったのもありなかったのもあり。実家にて推敲して出し。その晩は大晦日なのに(だったからなのか)、夜になっても他の方がもりもりアップしてて(わたしもそのひとりだったのだけど)お祭みたいで楽しかったです。運営の宇野さんおつかれさまでした。ありがとうございます。

 

 

1. おでん

 海底に沈んだ文明おでん都市たこの人魚がウィンクをする

 

★お鍋で煮られているおでんの具たちは独特のかたちをしていて、海の底に沈んだ古代の都市にみえてきて、、って別にそのままだわ。そんな中で一番セクシーなのはなにかったらタコでは。タコタコ(異論は認めます)。そういえばおでんの具ってお雑煮なみに地域で違いますね。

 

 

2. 自由

 都会から離れゆくごと自由なりのっぱらいっぽん高速がゆく

 

★前述のとおり移動中で、窓の外をみながら、都会を後にしてだんだんに緑と青が増えていって、するとわたしはちょっとずつ元気になってきて自由だ、と思ってしまった。きわめて個人的な。

 


3. 忘

 おぼえてる、忘れてしまった、おぼえてる、ベンチのふたり旧友オールドフレンド

 

サイモンとガーファンクルに「オールドフレンド~ブックエンドのテーマ」という曲があって、それをききながら。ベンチにかける老人ふたりをブックエンドにみたててっていうの15年前に説明されたときには全然ぴんとこなかったけど今は少しわかる気がする。外側から(というか今のわたしから)見れば老人ふたりなんだけど、かれらにしてみれば古い友人で同輩で、つもる話もあり、忘れてしまった思い出話もあり、そんな答え合わせをしているような情景を。

 

www.youtube.com

 


4. 指切り

 指切りをしたくない人ランキング一位は早口 なんかごめんね

 

★もっと情報量あったけど31文字に泣いた感じの。推敲不足だね。指切りの歌が早口な人はなんか重そうだからごめんねあなた。っていう感じだった。推敲不足だね。

 


5. 神

 イーストと砂糖のダンス耳すます神の見守る時間消えてく

 

★年末休暇の一日目に戸棚にあった最後のイーストでパンを焼いた。イーストが生地をふくらませるのだけど、糖分を餌に活動する(ちなみに塩は嫌い)。ので、ぬるま湯に砂糖とイーストを溶かしてかき混ぜて、なにか音はするだろうかと聴いていたのであった。ちなみに味噌汁(椀)もたまに鳴きます。台所の音はおもしろい。

 

 

テーマ詠

 テーマ「冬休み」

 

 子どもらはこおりみずうみでスケート船乗りおてあげワカサギを釣り

 

アーサー・ランサムに『長い冬休み』という作品があって、そもそもが休暇中に湖に行って、ボートで湖の中の島まで漕いでいてテントをはってキャンプする子どもたちのシリーズなんだけど(たしか全十二巻)、この話は冬の休暇で湖が凍っちゃって船に乗れないーんだけどでもそれなりに遊ぶのです。そういったイメージだった。「ランサム・サーガ」もう一度読みたい。長いけど(もともとめっちゃ厚い本だったけど、最近岩波がソフトカバーで出してくれてて本当にうれしい)。

 

長い冬休み(上) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)

長い冬休み(上) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)

 

  

 

 アローアロー実家に帰ってきていますこちらは冷えますお節を煮てます

 

★冬休みっていろいろあるなーと思いながら、この帰省も冬休みじゃんと思いながらまとめた31文字。母親の指示に従ってお節の煮物を延々みはっていました。というリアリズム。

 

 

今回はどうにか出せたけど、自分的にどうなんだろうこれというのも多く、なんというかぴんときていない。詠みながら、またほかのひとのを読みながら、短歌ってわりと直線的なんだけど、わたしがつくるときにテーマ(題)をふくんだ情景を想像して、そこから31文字にしていくことが多くて、それは空間的なんじゃないかなと思った。厚みがあるというかぼわっとしてしまうというか。

いちおう意識して短歌の上と下をそれぞれつかんで捻じ曲げたり手術みたいに違う情景をくっつけたりとかもするんだけど(しているのです実は)、あんまりやると機械的というか、それもまた短歌じゃなくて言葉遊びではと思ってしまう。感性が足りないなんていってしまえば簡単なんだけど、感性というか才能というかコツというか。意識的にやってよくなる部分もある程度はあるんだろうけど、それ以前のチューニングが合っていない気がする。

テーマ詠の反省として、掘り下げが甘かったなとか思った(題詠もだけど)。冬休みは絞り切れなかったし、わたし自身の気の多さというか、全体をとりたがる傾向が邪魔をしている感じもある。つくっている短歌を掘っていくか、はたまたほかに目を向けてアイデアを得るか(得られるのか)、短歌のことを考える時間が絶対的に少ないのかもしれないのかなぁ。等々。また2017年もどうにかこうにかやっていこうと思います(いつものブログでも同じことを書いた記憶)。

『思い出のマーニー』読みましてん

思い出のマーニー』読みまして、めちゃめちゃめちゃよかったです。ちなみに映画は未鑑賞。

「マーニーがいた頃」と「マーニーがいなくなった後」にざっくりと分けられて、前半はアンナとマーニーの日々が描かれる。アンナの療養先で出会った二人はなんだかわからないけど惹かれあい、とびきりのなかよしになる。マーニーはアンナのイマジナリーなやつで、マーニー=アンナなんだなと思って読んでいて、そうするとふたりの少女の似てる面異なる面もひとりの人間のもので、なんて感じに。マーニーとすごすうちにアンナは癒されて健康な女の子に成長していく。決定的な出来事は「風車小屋」で、理由のない恐怖を克服するそれは大人になる儀式なんだろうと思って、事実その恐怖の夜の経験がふたりを分かち、マーニーと会うことは二度となくなった。

……っていうここまででもう十分なのだけど、まだ半分あるからねこの話。後半、マーニーがあらわれることはもうなく、しかしアンナは変わりなく、今まで以上に健やかに海辺の町での生活を楽しむ。あんなに大切だったマーニーのことも忘れがちになってしまう。後半はある家族が出てきて、そのかかわりの中でマーニーとは誰だったのかという謎解きパートのようになる。まあうまくできすぎだし、そこまで言わんでもと思わないでもないけれど、ピースがするするとつながっていって、マーニーとアンナの物語の全体像が完成する。それはある種、現実的な回答ではあるのだけど、ああでもやっぱりマーニーは物語のはじまった瞬間から、一ページ目から、存在していたのだと思ってとても見事でした。

すっかり健康になったアンナは街へ戻るという大人になる物語でもあり、本当によかった。当初、いろいろなものに心をとざしていたアンナだけど、それはいろいろなものが重なっていたためであり、心からすべてを憎み嫌っていたわけでなくて、そのことにまずほっとする。わたしだったら拗ねている。アンナは最初からとても強い少女だった。ただしくジュヴナイルで、小学生の時に読めていたらなぁとか思ってしまった。

 

ジブリの映画は観ていないけど読了後に予告編だけみて、なぜ日本の話にしたのだと思ってしまった。機会があったら確認する。

 

新訳 思い出のマーニー (角川文庫)

新訳 思い出のマーニー (角川文庫)

 
特装版 思い出のマーニー

特装版 思い出のマーニー

 

 

10月の短歌――おとことくらすおんなもくらす

soulkitchen.hatenablog.com

 

わいわい! 短歌で知るイッカゲツ! という刻みでの短歌。短歌の目、ありがとう。ひと月ってあっという間じゃない? って思ったけどその前が半年以上空いてたからそんな気もするのかもしれない。詠んだよのあれこれを。

 

1. 渋

 なんじ善き蟹には褒美をとらせよう悪しき蟹には渋柿泡刑

 

★自分で出したわりにむずかしくない? 渋ってなった(出した時には渋谷とか渋滞とか思ったんだけど)。昔話っていい爺さん(婆さん)と悪い爺さん(婆さん)の系譜みたいのがあり、もしあの蟹がいい蟹だったら甘い柿を投げられて死なず一族仲良く暮らしました、みたいな話もあったのかもしれない。でも悪い蟹は渋柿を投げつけられて泡を吹いて死んでしまった。


2. 容

 受容せよ陰毛便座体臭鼾おとことくらす隣でねむる

 

★57777なのでゆるせよ枠(ゅるせょ枠)。とにかくちっぢれた毛が落ちていること、以前も書いたが伝えたい。あれはなんなのか!!! 性別逆にすれば髪の毛落ちすぎ、なのだろう。おそらく。他人とくらす、でいいんだけどもう一歩いった。あと殿方って異音しませんか、というのはまたどこかでやりたいと思います。ひらがなで「おとことくらす」の生々しさとファンシーさが個人的に気にいっている。許容じゃなくて受容なんだー。


3. テスト

 待ち合いで野性のテスト子どもらのその時だけは試験者である

 

★つくって満足していたら「テスト」が入ってなくてびっくりした。生きてるかぎり一生テストみたいなもので、それは自然状態にいればなおのこと。すると実は人間は野生生物よりテストの回数が少なくて(もしくは合格の範囲が広いのかも)、ハーそれが文明社会みたいなことを思ったりして。子どもが大人より野生に近いのだとしたら、かれらの方がわたしたちを試す側に近いのやもというようなフードコートでの観察。


4. 新米

 黄金のこうべ横目に古米背負いスズメが先に味知る新米

 

★消費者としてのわたし達が新米を入手するにはそれなりの注意深さが必要なのだけど、スズメなんぞはなにも考えず秋になれば新米を食べられるのであった。田圃には赤く塗られた小さな煙突のようなT字がささっていて、それはなにかと思えば突然に大きな発砲のような音がして小鳥たちを追い払っている。類似に大きな目玉が書いてある風船やCDなど。効果あるのだろうか。田舎の秋の風景。最後の最後で「新米」の位置を変えた。


5. 野分

 幸福も不幸もわからぬ吾にして野分ききをり暮れるキッチン

 

★幸福も不幸も、とくに他人のことについては簡単にいえないのだけど、ああそれは大変ですねぇ、といいたくなるようなことが何度も身に起こる人がいて、それに比べれば(いや比べるというのも変な話なのだけど)わたしなんてなにも経験していない甘ちゃんなのですがと思い、でもだからわたしの人生よかったよかったとも思えず、わかるよ大変だよねがんばってねとも言えずへだてられている気がしてしまうのであった。

 

テーマ詠

 テーマ「空」

 

 およばれのため空腹でいます チョコレート一種類ずつ食べてます

 

★「そら」じゃないもんねー「から」かもしれないもんねーっていう天邪鬼的なやつ(でも小心者なので「そら」でもつくった)。

 

 秋空のなにもなければ寂しかろ飛行機が雲貼り付けていく

 

★秋の空は雲がなくては、となんだか思う。秋の空の色は透き通っていて実体がなくてすり抜けて宇宙まで行ってしまいそうなので、雲を貼っておいてくれると安心する。

 

 この空は続いているとたれか言いそのためにのみ生き続けてる

 

★小さいころに知った詩が、なんだかけっきょくずっと自分に響いていると思った。空間的にも時間的にも人々にもあなたの心の中にも続いているのですよ、という内容はよく考えたらすごい話であった。

 

今回は皆さまの提出が遅めでなかなか参考にできずやきもきしました。滑り込みが多かった(わたしも)。とにかく綺麗なだけの言葉や風景を並べない、というのは短歌以外でも考えているところ。身体性(しかし誰かにとってはぺらぺらだったりするのかもしれない(のでそこをどうにかひとつどうにか))。

はじめにイメージをふくらませようと思って、熟語や単語をたくさん書いてみたりするのだけど、そういうのより"感じ"の方がいいのかなとなんだか思った。イメージよりもひとつ深く、物語をひきずらせるように思考をしてみたらどうか、など。ふだんの生活ではなかなかイメージにたどり着けない、のか。浅い物語を否定するわけではないのだけど、頑丈な空想がほしい。のかも。いやそれより思想、なのか。思想といわれると自分の弱さは自覚しているのでどうしたものか悩む。